ファイル・バインダー
制作の流れ
表紙の素材
金具の種類
印刷方法
オプション加工
プラスチック
制作の流れ
プラスチックの素材
プラスチック加工
別注相談窓口

ファイル別注相談窓口
プラスチック別注相談窓口


 
プラスチック プラスチックの素材

プラスチックの素材は以下の特性がございますので、用途に合わせてご選択ください

アクリル

ガラスをしのぐほど透明度の高さが特徴です。
また、太陽光や風雨・雪などの気象条件にも優れた耐候性を発揮し、看板や建築材料に適します。
耐衝撃性に優れており、万一破損しても、ガラスのように大きく破片の飛び散ることがありません。
色も豊富に種類があります。
製法により以下の種類があります。

■ 押し出し材について

粘土状になっているアクリル樹脂をローラーから押し出して作る製法です。
キャスト板に比べ、やや硬度が低いので反り易いですがキャスト板よりも安価です。

■ キャスト材について

2枚のガラスの間にアクリル原材料を注入し、硬化させて作る製法です。
押し出し材に比べて、反りにくいですが板厚のバラツキがあり押し出し材よりも高価です。


硬質塩ビ

加工性が良く、アクリルより柔らかい素材です。
また燃えにくく、衝撃に強いためディスプレイ用途として幅広く利用されています。
色も豊富に種類があります。

PET

アクリルのような透明性で、パッケージに良く利用されます。
また、耐衝撃性、加工性にも優れています。
ポリエステル系樹脂を原材料としていますので、完全燃焼させると水と二酸化炭素に分解される、環境に優しいプラスチックです。
硬質塩ビ・PPと比較するとキズは若干つきやすくなります。


PP(ポリプロピレン)

柔軟性があり、水や薬品にも強い素材です。
文具で一般的に利用されています。また、気泡を混ぜた発砲PP素材もあります。
色も豊富に種類があります。


ポリカ(ポリカーボネート)

割れにくく軽量な、透明素材です。
また、アクリルと比較して燃えにくく環境にも優しいですが、高価です。