ファイル・バインダー
制作の流れ
表紙の素材
PP (ポリプロピレン)

ビニール(PVC/オレフィン)

巻貼り表紙

合紙

ボード

特殊樹脂
金具の種類
印刷方法
オプション加工
プラスチック
制作の流れ
プラスチックの素材
プラスチック加工
別注相談窓口

ファイル別注相談窓口
プラスチック別注相談窓口


 
ファイル 表紙の素材

各表紙の素材は以下の特性がございますので、用途に合わせてご選択ください。

  PP ビニール 巻貼表紙 合紙 ボード 特殊樹脂
水に強い × × ×
熱に強い ×
擦り傷に
強い
長期保存に
強い
箔押し
印刷適性
シルク
印刷適性
× ×
オフセット
印刷適性
×
(封入)
× ×
UV
オフセット
印刷適性
× × × × ×


ビニール (PVC/オレフィン)

■ 生地特性

  ファイルの表紙として利用するビニールは、ビニール+板紙+ビニールの3層構造で周囲とヒンジ部分を溶着して利用します。

また、ビニール+スポンジ+板紙+ビニールの4層構造として表面がふんわりとした柔らかい質感を出すことも可能です。

ビニールは、手触り・風合いがよく、革のような風合いで高級感を演出できます。
また、水に強く、擦れても比較的キズが付きにくいのが特徴です。



  こちらはシート生地です。
生地は色、表面の凹凸柄、毛が立ったベルベット調の生地等、写真の見本帳だけでなく種類が豊富にあります。

  こちらはビニール生地内部に気泡を持った、スポンジシート生地です。
スポンジシートは、厚みを持たせることでより革に近い風合いを出すことが出来ます。

■ 印刷特性

   
箔押印刷   シルク印刷   印刷物封入
(オフセット印刷)
         
よく利用頂く印刷方法です。

真空蒸着箔を熱で生地へ圧着しますので剥がれにくい特性となります。 色については金・銀・黒・白等、色数が限られます。 生地に熱をかけますので、ベタ刷りには適しておりません。
  よく利用頂く印刷方法です。

特色等、また金色・銀色の色指定も可能です。
色指定はDICカラーガイドの色をご指定ください。
ベタ刷りが可能です。
  写真等フルカラーの表現が可能な方法です。

透明ビニール+印刷物(紙)+ビニール+板紙+ビニールの5層構造となります。
内部に印刷物を封入しますので、水にも強くなります。


       
型押印刷        
         
よく利用頂く印刷方法です。

ビニールの表面を溶かし、色は入れずに凹凸にてデザインを表現します。